カフェインがEDの原因になるってほんと?

2019年04月26日
錠剤と瓶とスプーン

コーヒーやお茶に含まれるカフェインはストレスを解消させる働きがあり、その点ではEDを改善する可能性があるとされます。
けれども注意が必要なのは、カフェインの撮り過ぎは逆にEDの原因にもなりかねないということです。
まずカフェインがEDの原因になるとされる理由に、覚醒作用が挙げられます。
コーヒーを飲むと眠れなくなるといわれるのはこのためです。
それが何故EDと関係があるかというと、男性ホルモンの分泌に影響するからです。
精力の源とも言える男性ホルモンは、睡眠時に最も多く分泌されます。
けれどもカフェインの摂取によって睡眠障害が起きると、この男性ホルモンの分泌が妨げられてしまうわけです。
そのためにコーヒーやお茶はもちろんのこと、栄養ドリンクも過剰な摂取は避けた方が無難です。
さらに睡眠不足となると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
カフェインを摂取することによって、メラトニンというホルモンの分泌が減少します。
このメラトニンは体内時計をリセットして正常なホルモン分泌を促すことになります。
けれどもそのメラトニンが減少すると体内時計が狂い、ホルモンバランスも崩れるようになるわけです。
そして大事なポイントは、カフェインの摂取が亜鉛の吸収を妨げてしまうという点が挙げられます。
実はこの亜鉛は、男性ホルモンを調整したり精子の製造を促進する働きがあるものです。
さらには前立腺の働きにも作用すると言われます。
この亜鉛が不足してしまうと、男性の性機能の障害につながるとされます。
つまり製造する精子の量が減少したり、EDを発症につながる可能性が生じるわけです。
そしてカフェインは、この亜鉛と結びつくという特性を持っています。
つまり、せっかく摂取した亜鉛が、カフェインと共に体外に排出されてしまうのです。
これがEDの原因につながるとされています。
カフェインと亜鉛のバランスにもよりますが、精力が落ちてきたと感じたならば注意した方が良いでしょう。
意識して亜鉛を多く含む食物を摂ったり、あるいはカフェインの摂取を控えるといったことです。
コーヒーや紅茶は誰もが想像できるものですが、特に忙しい男性は栄養ドリンクの過剰な摂取を控えることが大事です。
これらは覚醒作用を得るために多くのカフェインを含んでいるからです。
また、質の良い睡眠を取ることも大切と言えます。
全ての原因は男性ホルモンの減少にあるので、その分泌を促進させるためです。

カフェインが亜鉛の働きを邪魔してしまう

忙しいサラリーマンなどは眠気覚ましのためにコーヒーや栄養ドリンクを飲用しています。
けれどもこれらに含まれるカフェインが、EDの原因にもあります。
その理由はEDにつながる男性ホルモンの減少につながるからです。
その理由はふたつあって、まずひとつは睡眠不足による男性ホルモンの減少です。
そしてもうひとつはカフェインが精力の元となる亜鉛を体外に排出してしまうからです。
食事によって摂取した亜鉛は、カフェインと結びつきやすいという特性を持っているのが原因です。
それを意識して、まずはカフェインの過剰摂取を控えるようにする必要があります。
さらに亜鉛を多く含む食物を食べるように意識することも大事です。
EDは発症すると治療は難しくなります。
意識することでかえってその改善を妨げることにもなります。
そこで、どうも精力が減退してきたと感じてきたならば、まずコーヒーや栄養ドリンクの摂取を控えるのが一番です。
そして食事に関しては亜鉛を含む食物を意識して撮るようにすることも有効と言えます。
このふたつを実行することで、精力の減退を軽減させることが可能です。
さらにEDを発症しているような人であっても、その症状の改善も望めます。